不動産用語解説

スポンサーリンク
不動産投資の基礎知識

不動産投資用語集

不動産投資を始めるに当たって色々と専門用語が出てくると思います。用語を知ることで、不動産営業マンとの会話もスムーズになり、より不動産投資について理解を深めることが出来ます。
不動産投資

【不動産投資の基礎/物件選定】引き直し賃料とは?物件の本当の価値を知るために。

物件を購入する際には、必ず今の家賃に引き直しして査定する必要があります。退去して家賃が下がることはリスクだからです。
不動産投資の基礎知識

【不動産投資の基礎/投資分析】不動産投資の最大のメリット、レバレッジ効果を理解しよう!

不動産投資では、レバレッジを制するものが不動産投資を制すると言っても過言ではありません。仕組みを理解し上手に付き合って、勝ち組を目指しましょう!
不動産投資の基礎知識

【不動産投資の基礎/投資分析】レバレッジ判定など投資判断に影響を与えるK%(ローン定数)とは?

K%は、皆さんあまり耳慣れない言葉ですが、簡単にいうとお金の仕入れコストです。K%=(Loan Constant/ローン定数)とも言います。レバレッジ判定やローン同士の比較など色々と活用できます。では、K%とはどういった指標なのでしょうか?
不動産投資の基礎知識

【不動産投資の基礎/投資分析】投資の安全性はどうやって見るの?安全性をチェックする3つの指標(DCR、BE、LTV)

どうも不動産職人です。 不動産投資をせっかくやるなら失敗して遠回りして欲しくない! ということで、今回から不動産投資の基礎の3回目は、前回学んだキャッシュフローツリーを使って 投資分析を行っていきます。 今回は、安全性を...
不動産投資

【不動産投資の基礎/投資分析】収益性がわかる指標・実質利回り(FCR)と自己資金利回り(CCR)

キャッシュフローツリーを作成し、投資分析を行うことで、収益性がわかる指標・実質利回り(FCR)と自己資金利回り(CCR)を算出することが出来ます。実質利回り(FCR)と自己資金利回り(CCR)を理解することは、不動産投資を成功への近道です。
不動産投資の基礎知識

【不動産投資の基礎】不動産投資を始めるならまずはキャッシュフローツリーを理解しよう

キャッシュフローツリーは投資分析をする上で非常に重要です。このキャッシュフローツリーで出てきたNOIなどの構成要素を使って投資分析をしていく訳です。この段階まで行けば、物件の収益性、安全性など把握することが出来ますので、物件を買う、止めるの判断が素早くできるようになります。
不動産投資

負のレバレッジ(逆レバレッジ)でも融資を使って不動産投資をするのはなぜ?

では、負のレバレッジの場合は、物件を買わない方が良いのでしょうか。実は投資家によっては、負のレバレッジでも物件を購入するケースは当たり前のようにあります。それは、不動産投資の仕組みが分かれば理解することが出来ます。
不動産用語解説

団体信用生命保険とは?不動産投資が保険代わりになる訳

どうも不動産職人です。 不動産投資を行う際のメリットにも色々とあります。 不動産会社の営業マンから物件を薦められる際には、「節税対策になる」「不労所得を得られる」「生命保険代わりになる」など言われます。 今回は何故不動産投...
コラム

通常の賃貸管理物件とリロケーション物件って何が違うの?

通常の賃貸管理物件とリロケーション物件では、賃貸物件ということで変わりはありませんが、契約内容が変わります。通常の賃貸管理物件では普通賃貸契約、リロケーション物件では定期借家契約になります。リロケーション物件には、どんなメリット、デメリットがあるのでしょうか。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました