スポンサーリンク
不動産投資

空き家問題の救世主「家いちば」が2019年8月1日に新会社へ事業譲渡。新体制のサイトはどんな感じ?

2019年8月1日付で、家いちばを運営する株式会社エアリーフロー(東京都新宿区、以下「旧運営会社」)は、新法人である家いちば株式会社(東京都渋谷区、以下「当社」)に当事業を譲渡し、新たな体制でサイトの運営を行うようです。
不動産投資

ユニーク保険と言われる賃貸トラブル向け保険ってどんな保険?

賃貸トラブル向けのユニーク保険にはどういったものがあるのでしょうか。やはり賃貸経営はトラブルが多いので、ユニークでも役に立つ保険があれば活用するべきですよね。
不動産投資

確定申告で不動産投資が会社にバレない方法とは?バレた時の言い訳は?

不動産投資で収益を上げると確定申告が必要になります。 最近では副業OKの会社も増えましたが、未だに副業禁止の会社も多いです。サラリーマンが不動産投資を始めるに当たり、社内規定で副業が禁止されているかどうかは結構重要です。何も対策をせずに普通に確定申告すると、経理から「副業やってませんか?」と言われ、最悪の場合は副業規定に引っかかってしまいクビ。それはやっぱり避けたいですよね。
不動産投資

医師など高所得者向けの不動産投資節税スキームは損しているだけ?

今も昔も不動産投資のセールストークのひとつに「節税対策」があります。確かに、不動産投資を行うために物件を買えば、経費などが掛かりますので一時的な節税効果期待できます。しかし、それは購入して1、2年目だけでそれ以降はほとんど節税効果がありません。又、賃貸経営で毎年の収支がマイナスになり、所得税と合算できるので収入を下げることが出来るので毎年少しですが還付金が返ってきます。果たしてこれは本当に得をしているのでしょうか。
不動産投資

不動産投資で融資期間がなぜ重要なのか。年間のキャッシュフローを多く得たいなら期間は?

不動産投資で成功するのに欠かせないのが融資。どういった条件で融資を受けられるかによって投資戦略は変わってきます。最初は期間を出来るだけ長くしキャッシュフローを増やすのがおすすめです。やはり不動産投資では現金をいかに温存できるかが重要だからです。
コラム

不動産の一括査定は諸刃の剣。不動産会社は媒介取得のために高値を付け、それを信じた売主の売却が長引くリスクを知るべし。

一括査定は一度に5ー6社から査定がもらえるので非常に便利です。ただ、使い方を間違えると結局期間が長くなり、期限がなくなって安い金額で売却になってしまったというケースもあります。
コラム

不動産ブームで暗躍した「かぼちゃ、狭小アパート、スルガスキーム、レオパレス、フラット35事件」。どうすればブームに乗じて混じる偽物を見分けられるか!

不動産に限らず、投資などブームが起こるとそれを利用して、賢い(ずる賢い?】人たちが、自分たちの利益が出るようなスキームを作り、素人を罠にはめようとします。どうすればそういった詐欺師的な人たちから自分を守ることができるのか。失敗事例を見て考えてみましょう。
コラム

囲い込みと知らずに囲い込みをしてる営業マンは多い?売主のデメリット、不動産業者が囲い込みするリスクとは?

このレインズに登録する義務など「囲い込み」とは何か、「囲い込み」されることで売主にどんなデメリットがあるか、不動産業者のリスクについてお話したいと思います。
不動産投資

大阪違法建築には違法建築が多い?既存不適格物件との違いは?

大阪では多い違法建築。違法建築と並んで既存不適格の物件がありますが、どこに違いがあるのでしょうか。
不動産投資

負のレバレッジ(逆レバレッジ)でも融資を使って不動産投資をするのはなぜ?

では、負のレバレッジの場合は、物件を買わない方が良いのでしょうか。実は投資家によっては、負のレバレッジでも物件を購入するケースは当たり前のようにあります。それは、不動産投資の仕組みが分かれば理解することが出来ます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました