【WBSニュース】東京都足立区がシムシティでリアルまちづくり


 

  どうも不動産職人です。
 

f:id:fudousancom:20180322132403j:plain

 

人口減少により東京23区と言えども人の確保、まちづくりが重要な時代を迎えました。

地方ではすでに色々と取り組みは進んでいますが、今や日本の中心である東京都内、それも23区でも将来へ向けての取り組みに力を入れています。 

 
 今日のワールドビジネスサテライトWBS)の特集で東京都足立区がゲームのシムシティを足立区バージョンで作成し、住民、特に子供たちにまちづくりに参加してもらう取り組みを始めました。
 

足立区はシムシティでまちづくり

シムシティと言えば、私が学生の頃に発売された街づくりシミュレーションゲーム
 
当時は、ただゲームとしての面白さを感じ、楽しんでいましたが今回ワールドビジネスサテライトの特集では、足立区がシムシティに注目し、足立区バージョンのシムシティを作成しました。
 

シムシティで子供たちにもまちづくりを体感&発想

 
正直まちづくりと子供たちに話をしても中々響きませんし、それは大人にも入れることかもしれません。
 
しかし、ゲームなら違いますよね。
私もゲームは大好きで勉強そっちのけでファミコンスーパーマリオドラクエをやった世代。
 
文字でつらつら並べられるより、実際にゲームでまちづくりに参加できるならまちづくりを体感でき、更に色々な発想が生まれると感じます。
 
それを今回東京23区のひとつである足立区がシムシティの足立区バージョンを作成し、「SimCity BuildIt」を用いた小学生向けワークショップが開催。
 
東京都および埼玉県,千葉県の区や市が取り組んでいる地下鉄8号線有楽町線)の延伸を低年齢層へアピールするため行われたもので、足立区では8号線の延伸にあたって,亀有駅八潮駅間に2駅を増設することが検討されている件について子どもたちにも考えてもらうというもの。
 
たかがゲーム、されどゲームです。

子供たちも積極的に取り組む

 各グループのリーダー(東京未来大学の学生3人と同区鉄道立体推進室の2人が担当)と共に,“有楽町線が延伸された足立区”というテーマのもと理想の街を「SimCity BuildIt」(iOS / Android)で設計し発表。
 
実際にWBSの映像を見ていると子供たちに非常に受けが良く、「家の近くに買い物できるところがあればうれしい」など積極的に意見も。
 
足立区は23区の中でも開発が進んでいない地域と言え、都心の中でも住宅街の位置づけ。
 
町を歩くと商業施設よりも住宅が目立つ地域。
 
それを実際にわかってもらい、色々な意見をしてもらうことでまちづくりに生かそうというのが今回の取り組みのようです。
 
これが成功すれば、日本全国の自治体で地元のシムシティが出来るかも。
 
そうなるともっと良い日本になるかもしれませんね。
 
  
 【ベルテックス】

 年間1,200名から参加予約が殺到する 業界内外で話題騒然の不動産投資セミナーを運営。

セミナー参加者には、マンション投資入門DVD、不動産リスク投資マニュアル、1週間で学べる不動産の基礎のキソ、マンション購入と購入後の手引書をプレゼント。

不動産の基礎から学びたい人におススメのセミナーです。

 

   【シノケンハーモニー】

 

100万円の投資で2億円の資産をつくる!

 

 【インベスターズクラウド

対するインベスターズクラウド

 

不動産投資で年収アップしたい方へ!【INVESTERSCLOUD】

 

東証一部に上場しており、魑魅魍魎の不動産業界でも 比較的良心的ににやっていると思います。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました